FC2ブログ
プロフィール

antika

Author:antika
ただいま産休&育休中
3児の母 antikaです。

ハンドメイドやDIY
かわいい雑貨やアンティーク。
頼れる旦那さんとこどもたちとの時間。

そんな大好きなモノコトを
何気ない日々の挿絵に
拙いけれど素朴でかわいい、
手作りの装丁で綴る
「暮らしの物語」。

Clock
リンク
お気にいり絵本
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
インテリア・雑貨
325位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開かずの間、ついにOpen!

おはようございます。

昨日はめずらしく早起きだったantikaです。
というのも、昨日はまる1日家族に甘えて久しぶりに友達と出かけてきました。

すごく今更なのですが、年始に地上波でも放送された「君の名は」の
瀧くんのバイト先(と噂されている?)のレストランへ行ってきたんです。

abd3479610133619e72ca9c900ee6888_2018011913541092e.jpg

7d10ef4b29aa3a35b172dc76b77d1559.jpg
ここです↑『カフェ ラ・ボエム』(写真お借りしました)

クラシカルな内装が素敵!←内装や什器、建具にばかり目がいってしまうのはもはや癖。笑

1日中笑いすぎて帰りの電車は爆睡。。zzz
久々の女子会、すっごく楽しかったぁーーー!^^
丸まる1日こども3人を見ていてくれた旦那さんには本当に本当に感謝!

気分もリフレッシュして早速ブログ更新です。


********************


最初に掲げていたリフォームプランはほぼほぼ完成し、
そろそろ最後のアフター撮影でもしようかな、と思っていたんです。


でも、ここにきて開けてはいけない扉を開けてしまったのです…

DSC_0736_20180121180730545.jpg
そう。クローゼットの中!

↑この写真はこれでもだいぶスッキリ片付けた後。

もともと入っていた布団を圧縮袋に入れて、
本立てのように縦置きにしたら意外とスペースができたので
処分する予定だった作業台を置いてみました。

DSC_0738_201801211807323a9.jpg

そして閃いてしまったんです。

「冒険家の秘密基地」ということで、クローゼットの中にも
そすけさんが喜ぶ とっておきの空間 を作ってあげよう!と。

今回このスペースをどう活用するかというと、
数年前から父子でハマっているLEGO

DSC_0034_20180121180733003.jpg

年々増え続け置き場もなくなり・・・ただいま旦那さんの書斎がLEGOだらけになってます。^^;

これを機に収納はもちろん、ディスプレイスペースも兼ねた
そすけさん専用のちいさな LEGO工房 (的なもの?)を作ってあげたいと思います。


そうと決まれば早速、設計図と木取り図の作成。

F32C53CE-CE47-4E70-91B8-8ECF7907D3E6.jpg
規格サイズの1820×910のラワン合板(約¥1000/1枚)2枚でなんとか収まりそうです。


夕方の保育園お迎え前にホームセンターへ行って、
カット→配送手配までしてこの日は終了。

翌朝9時に材料が届いたので、そこからすぐに作業開始です!

DSC_0740.jpg

DSC_0741.jpg
まずは玄関でひたすらサンダーがけ。

今回作ろうとしているのは高さ165cmのショーケース付きの棚。
こういう大物家具の組み立ては1人だと最初の作業が大変。。

コーナークランプを持っていないので、板をL字に抑えるのにいつも特に手こずるんですが
今回セリアでこんなものを発見!試しに買っておいたんです。↓↓↓

DSC_0336.jpg
DSC_0337.jpg


DSC_0749_20180121195357a04.jpg


DSC_0744.jpg
簡易的ではありますが、この「木工ガイド」のおかげでL字の接着もだいぶ楽でした!


棚受けの細い板を取り付けます。↓

DSC_0748_20180121194543b78.jpg

DSC_0747_20180121194541099.jpg
ちゃんと水平を確認して。。

ビス止めする時、ドリルで下穴を開けないと・・・

DSC_0754_20180121194545273.jpg
↑こうなります。^^; <割れちゃった〜


DSC_0753.jpg
↑横着せず、ちゃんと下穴を開けてビス止めをすればこの通り!
丁寧にやったほうが結果的に手間も失敗もなくできますね。急がば回れ、反省です。


そして今回もう一つ反省点が。
9mm厚のラワン材を使ったんですが、棚にしてはだいぶ薄かったです。。

まぁ、クローゼットの中だし、前には作業台
横は圧縮した布団や衣類ケースがぴったり入る予定なので
多少安定感がなくてもなんとかなるかな、ということでこのまま行きます。

とはいえ足元は↓こんな感じで金具と端材で少し補強しておきました。
DSC_0751_201801211956083b4.jpg

DSC_0750.jpg
見た目が残念ですが、一番下の棚は作業台で見えなくなる予定なので、まいっか!笑

というわけで長くなってしまったので、続きはまた次の記事で。

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました^^

****************************

リフォ選

壁紙屋本舗さまのブログやFBでもリフォーム記事をアップしております。
↓下記URLから「いいね!」やコメントをしていただけると投票ポイントとしてカウントされます。
拙いリフォームですがぜひ応援していただけると嬉しいです*

https://shop.plaza.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/diary/category/?cate_id=1000065

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

冒険家の夢を乗せて星間飛行

おはようございます。
antikaです^^

昨年末にそすけさんと作ったダイソーの3D模型。
飛行機の他に恐竜(ティラノザウルス)も作りました!

DSC_0884.jpg
親子で工作中♩ 少し複雑な部分もありますが立体パズルみたいで楽しいです。

DSC_0888.jpg
飛行機同様、ブライワックスを塗ってから組み立てましたよ!


今日はこの手作り模型を飾るためのウォールシェルフを取り付けました。

いきなりですがビフォーアフターです。

Before

DSC_0680.jpg
窓の横に立てかけてある端材(棚板)と窓辺に置いてあるイケアの白いブラケットを使います。

After

DSC_0681.jpg
窓の上に取り付けました!
棚板にはブライワックスを塗ってます。

DSC_0684.jpg
とりあえずポンと置いてみただけ。笑


飛行機の模型は天井から吊るしたほうが素敵かなと思ったので
早速天井にフック(吊り金具)を取り付けます。↓
DSC_0686.jpg

飛行機にワイヤーを通して、、、↓
DSC_0687_20180119152417a49.jpg

はい!引っ掛けたら出来上がり!↓
DSC_0696.jpg

DSC_0700.jpg

ワイヤーはほとんど見えないので、角度によっては本当に宙に浮いているようです。


飛行機一機だけだとちょっと寂しいので、以前手作りした気球オブジェも飾ることに。

DSC_0702.jpg
こういうの、お店で買うと驚くほどお高いんですよね。。

こちらは、100均の発泡スチロール球に色紙を貼り、
編んだタコ糸で包み(プラントハンガー作りと同じ要領です)
ミニバスケット(これも100均)と組み合わて作ったので材料費300円ほど。

DSC_0703_20180119152424682.jpg
白部分はあえて発泡スチロールのままです。

DSC_0704.jpg
タコ糸はカーテンリングに結びつけてバスケットの中にぎゅっと押し込んでます。
球の中心に竹串を刺してタコ糸がピンと張るようにしました。


ではでは2つとも天井に吊るします。


DSC_0711.jpg


DSC_0716_20180119152428952.jpg
これぞ星間飛行!(マクロスFより⭐︎笑)

冒険家の夢を乗せて遥かなる旅路へと飛び立ちました。

子供の頃、北海道のラベンダー畑で乗った気球を思い出しました。
気球って空想に近い、なにか不思議な魅力があるなぁと思うのは私だけでしょうか。^^


それでは、今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!

****************************

リフォ選

壁紙屋本舗さまのブログやFBでもリフォーム記事をアップしております。
↓下記URLから「いいね!」やコメントをしていただけると投票ポイントとしてカウントされます。
拙いリフォームですがぜひ応援していただけると嬉しいです*

https://shop.plaza.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/diary/category/?cate_id=1000065

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

スイッチ&コンセントカバーも抜かりなく

今日は、antikaです。

先日、待ちに待ったあるものが我が家にやってきました。

それはそすけさんの「勉強机」

リフォーム選手権が始まる何ヶ月も前からインテリアショップやネットで
色々見ながら一緒に探していたんです。

部屋にあったサイズ感、デザインはもちろんの事、
ポイントは大人になっても長く大切に使い込めるもの。

そしてようやく親子共に「これだ!」というものを見つけました。
それがこちら!

DSC_0662.jpg
しっかりとした作りの古い書斎机です。

NHKで放送中の「ふるカフェ系ハルさんの休日」(ご存知の方いますかね?笑)が好きなそすけさん。
その影響で2人で近くの古民家カフェへ行ったりしていたこともあり、
「かっこいい〜!」とこの雰囲気を気に入ってくれたので即購入を決めました。
(お値段も1万円台と、新品の学習机を買うより全然安かったり。。ほっ笑)

引き出しの容量や開閉のスムーズさも申し分なし!

DSC_0659.jpg
この佇まい、私もとても好きです。

部屋まで運び入れてくれた運送屋さんもこの部屋を見て驚いてました。^^
階段や部屋のドアがギリギリでしたがなんとか収まってよかった!ご苦労様です。

はてさて、この机できちんとお勉強してくれるのでしょうか。
小学生になるのがまた少し楽しみになりそうです。


*******************


今日は真っ白なままのコンセントカバーとスイッチカバーを
お部屋の雰囲気に合わせていきますね。

まずは入り口入ってすぐのこのスイッチから。

DSC_0487.jpg

市販のスイッチカバーに変えようかと思ったのですが、
上手くはまらなかったのでとりあえず塗装することにしました。

DSC_0540.jpg
カバーを外して、、、

DSC_0542.jpg
いつものように黒→ゴールドのスプレーで塗装完了!


次はエアコン用のこちらの一口コンセント。

DSC_0664.jpg
アンティークリキッドで少し汚してはいたんですが、やっぱり浮いてますよね。。^^;

DSC_0667.jpg
なので外しちゃいます!

DSC_0634.jpg
セリアで買ったこちらのコンセントカバーを使ってみようと思います。

DSC_0672.jpg
シルバーのままでもよかったのですが、せっかくなのでアンティークゴールドに塗装。
四隅にはスチームパンク加工には欠かせない「ラインストーンシール」をつけましたよ。

DSC_0676.jpg
付属のビスでとめたらあっという間に完成!!!


細かいところですが、せっかくのお部屋まるごとリフォームなので
こんなところにもこだわって手を加えてみました。

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました^^

****************************

リフォ選

壁紙屋本舗さまのブログやFBでもリフォーム記事をアップしております。
↓下記URLから「いいね!」やコメントをしていただけると投票ポイントとしてカウントされます。
拙いリフォームですがぜひ応援していただけると嬉しいです*

https://shop.plaza.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/diary/category/?cate_id=1000065

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

スチームパンクなウォールフック完成

おはようございます。antikaです^^

前回作った船舶ライトや温湿度計を使って、
コートやバッグ、帽子をかけるウォールフックを作ってみようと思います。

まずは家にあった端材をトリマーで面取り加工します。

020A3E44-CA98-464C-8341-5A4BDC14C247.jpg
久々のトリマー、音と反動が大きくていつもドキドキします。
それにしてもこの真冬に外で素足。。。笑

DSC_0559.jpg

DSC_0560.jpg
針葉樹の安い集成材なので木目がちょっとあれですが・・・
ブライワックスを塗ればそこそこいい雰囲気になると思います。

じゃーーーーーーーん!!!

DSC_0562.jpg
一気にレイアウト済みですが仕上がりのイメージはこんな感じ。

セリアのアイアンフックやプレート、ストローが追加されてます。
↓↓
DSC_0472.jpg

さすがにこのままだと「ストロー」が浮いてしまうので
スプレー塗装して配管?パイプ?っぽく加工しました。

DSC_0568.jpg



DSC_0566.jpg
ちなみに、ストロー同士をつなぐ時や長さ調整をしたい時は
このように短いストローに縦に切れ込みを入れると、、、

DSC_0570.jpg
くるんと少し細くなるので「つなぎパーツ」として使えます。

DSC_0571.jpg
ちょっと長さが足りなかった部分を長さ調整しながらつなぐことができました!

DSC_0572.jpg
ところどころにパイプつなぐパーツをイメージして厚みのあるテープを巻きました。
出来上がったストローパイプはグルーガンで土台に接着しましたよ。


DSC_0576.jpg
端材で作った土台にビスを打ち、温湿度計を引っ掛けます。

DSC_0578.jpg
DSC_0580.jpg
船舶ライトのアイアンカバーを止めるためにドリルで穴を開け、ワイヤーを通して固定。
(電池交換ができるように片方は軽めに固定しました)

ライト部分も温湿度計と同様にビスに引っ掛けて、
フックやプレートもしっかりビス止めしたらいよいよ完成です!


DSC_0581.jpg
DSC_0582.jpg

まるで映画の世界観のようなスチームパンクテイストのウォールフックの出来上がり!
材料費約500円でここまで出来ました^^


さてさて、これをどこに飾りたかったかというと・・・

DSC_0612.jpg
入口入ってすぐのこの壁。
ブルーナティエとの相性もバッチリです!

DSC_0618.jpg
もちろん明かりもつきますよ♩
奥まってる場所で部屋の電気をつけても薄暗かったのでちょうど良いかも。

スチームパンク好きの旦那さんにも「すごい!海底二万マイルみたいだね!」と
お褒めの言葉をいただきました^^ <やったね!

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!

****************************

リフォ選

壁紙屋本舗さまのブログやFBでもリフォーム記事をアップしております。
↓下記URLから「いいね!」やコメントをしていただけると投票ポイントとしてカウントされます。
拙いリフォームですがぜひ応援していただけると嬉しいです*

https://shop.plaza.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/diary/category/?cate_id=1000065

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

温湿度計もスチームパンクに

こんにちは、antikaです。

前回作った船舶ライトに続いて、温湿度計もスチームパンク風にリメイクしたいと思います。
基本の工程はほとんど同じなのでサクッといきますね。


使うのはセリアで買ったこちら。
DSC_0491.jpg


DSC_0492.jpg
パーツごとに分解します。

DSC_0502.jpg
DSC_0504.jpg
クリアのパーツをメラミンスポンジややすりでこすってくもりガラス風にします。

DSC_0505.jpg
こんな感じに仕上がりました。


DSC_0506.jpg
続いてメーター部分をアクリル絵の具などで汚していきます。


DSC_0509.jpg
枠部分をスプレー(黒&ゴールド)で塗装して、
赤やこげ茶のスタンプ台やアクリル絵の具でサビ感を足していきます。

DSC_0513.jpg
ラインストーンを周りに貼り付けてゴールドに塗装。
(毎回思うのですが、ラインストーンを貼ってからスプレー塗装すれば手間が省けますよね…)

DSC_0515.jpg
「スチームパンクな温湿度計」完成です!

DSC_0558.jpg

前回作った船舶ライトとこの温湿度計を使って、
さらに実用的なインテリアアイテムに仕上げていきますよ^^

続きはまた次回。

いつも拙いレポですが読んでくださり嬉しいです。
最後までお付合いいただきありがとうございました!

****************************

リフォ選

壁紙屋本舗さまのブログやFBでもリフォーム記事をアップしております。
↓下記URLから「いいね!」やコメントをしていただけると投票ポイントとしてカウントされます。
拙いリフォームですがぜひ応援していただけると嬉しいです*

https://shop.plaza.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/diary/category/?cate_id=1000065

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。