FC2ブログ
プロフィール

antika

Author:antika
ただいま産休&育休中
3児の母 antikaです。

ハンドメイドやDIY
かわいい雑貨やアンティーク。
頼れる旦那さんとこどもたちとの時間。

そんな大好きなモノコトを
何気ない日々の挿絵に
拙いけれど素朴でかわいい、
手作りの装丁で綴る
「暮らしの物語」。

Clock
リンク
お気にいり絵本
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1380位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
インテリア・雑貨
325位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スチームパンクなウォールフック完成

おはようございます。antikaです^^

前回作った船舶ライトや温湿度計を使って、
コートやバッグ、帽子をかけるウォールフックを作ってみようと思います。

まずは家にあった端材をトリマーで面取り加工します。

020A3E44-CA98-464C-8341-5A4BDC14C247.jpg
久々のトリマー、音と反動が大きくていつもドキドキします。
それにしてもこの真冬に外で素足。。。笑

DSC_0559.jpg

DSC_0560.jpg
針葉樹の安い集成材なので木目がちょっとあれですが・・・
ブライワックスを塗ればそこそこいい雰囲気になると思います。

じゃーーーーーーーん!!!

DSC_0562.jpg
一気にレイアウト済みですが仕上がりのイメージはこんな感じ。

セリアのアイアンフックやプレート、ストローが追加されてます。
↓↓
DSC_0472.jpg

さすがにこのままだと「ストロー」が浮いてしまうので
スプレー塗装して配管?パイプ?っぽく加工しました。

DSC_0568.jpg



DSC_0566.jpg
ちなみに、ストロー同士をつなぐ時や長さ調整をしたい時は
このように短いストローに縦に切れ込みを入れると、、、

DSC_0570.jpg
くるんと少し細くなるので「つなぎパーツ」として使えます。

DSC_0571.jpg
ちょっと長さが足りなかった部分を長さ調整しながらつなぐことができました!

DSC_0572.jpg
ところどころにパイプつなぐパーツをイメージして厚みのあるテープを巻きました。
出来上がったストローパイプはグルーガンで土台に接着しましたよ。


DSC_0576.jpg
端材で作った土台にビスを打ち、温湿度計を引っ掛けます。

DSC_0578.jpg
DSC_0580.jpg
船舶ライトのアイアンカバーを止めるためにドリルで穴を開け、ワイヤーを通して固定。
(電池交換ができるように片方は軽めに固定しました)

ライト部分も温湿度計と同様にビスに引っ掛けて、
フックやプレートもしっかりビス止めしたらいよいよ完成です!


DSC_0581.jpg
DSC_0582.jpg

まるで映画の世界観のようなスチームパンクテイストのウォールフックの出来上がり!
材料費約500円でここまで出来ました^^


さてさて、これをどこに飾りたかったかというと・・・

DSC_0612.jpg
入口入ってすぐのこの壁。
ブルーナティエとの相性もバッチリです!

DSC_0618.jpg
もちろん明かりもつきますよ♩
奥まってる場所で部屋の電気をつけても薄暗かったのでちょうど良いかも。

スチームパンク好きの旦那さんにも「すごい!海底二万マイルみたいだね!」と
お褒めの言葉をいただきました^^ <やったね!

今日も最後までお付合いいただきありがとうございました!

****************************

リフォ選

壁紙屋本舗さまのブログやFBでもリフォーム記事をアップしております。
↓下記URLから「いいね!」やコメントをしていただけると投票ポイントとしてカウントされます。
拙いリフォームですがぜひ応援していただけると嬉しいです*

https://shop.plaza.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/diary/category/?cate_id=1000065
関連記事

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。